寿命が長いから交換の手間が少なくなる!

LEDは寿命が非常に長いというのが特徴の一つです。何と蛍光灯の約4倍、白熱電球の約40倍長持ちします。商品によって変わりますが、だいたい4万時間もつというのですから驚きですよね。これなら一度LEDに替えてしまえば、当分交換する手間は省けます。特に高い天井にある照明などは交換が面倒なので、そういった場所をLEDに替えると非常に便利です。

LEDは発熱量が少ない!

発熱量が少ないというのも、LEDに交換するメリットですね。光源が熱を持たないので、発光効果が低下することもありません。光源の熱を持つと、クーラーなどの空調をきかせなければ暑くてたまらないってこともありますよね。しかし、LEDは発熱量が少ないので空調の利用をおさえ、間接的にですが電気料金の節約ができますよ。

環境にも良いLED!

蛍光灯には水銀が使われていますが、LEDは水銀を使っていません。鉛やカドミウムも使っていないので環境にも非常に優しいです。廃棄する時も楽なので、蛍光灯よりも処理に気を遣う必要がありません。一般的には不燃ごみで簡単に捨てることができるので安心ですね。

紫外線が少ないから安心!

蛍光灯とLEDの違いは紫外線や赤外線の放出量にもあります。LEDのほうが放出量が少ないので安心ですね。紫外線が少ないので虫が寄ってくることも少ないですし、生鮮食料品を劣化させる心配も少なくなります。お店などで使う場合は、展示品の変色させるリスクを減らすことができるので安心ですね。何か重要な商品を取り扱うような場所は、LEDへの交換を検討してみると良いでしょう。

LEDライトパネルを利用すると蛍光灯パネルに比べて、月の電気代が75%下がり、使用年数も10倍に膨らみます。

LEDライティングボードの記事