徹底的に掃除をしておくと良い理由

時計を売るなら、少しでも良い金額で引き取ってもらいたいものです。ただしそのためには手間を惜しんではいけません。特にクリーニングに関しては、時間の許す限り行っておきたいです。
買取店の中には現状のままでも構いませんと宣伝している場合があります。これは汚れたままの時計でも良いですという意味です。しかしこの場合の多くは、あらかじめ買取金額から店舗で清掃する手間賃を差し引いています。つまり綺麗に磨かれているものよりも、若干安く買われてしまうことになります。
そのためわざわざ業者に依頼してまでやる必要はありませんが、汚れが酷くなりがちなところはすべて綺麗にしておくに越したことはありません。具体的には、腕時計ならベルトと裏蓋の肌に直接触れる部分です。皮脂や垢が付着していることが多いため、しっかりと拭き取っておきましょう。

普段から意識しておきたいこと

時計を購入したら将来売ることになった時のことを想定しておくのが無難です。中でも箱や説明書、保証書や保管用の袋がある場合とない時では買取金額に差が出ます。そのため日が当たって劣化したり、物が落ちてきて破損したりしないようにタンスなどに入れておきましょう。
また時計の文字盤を覆うガラス面が割れていると、買取不可になるケースもゼロではありません。そこで普段から壁にぶつけないように細心の注意を払っておきたいです。
ただしここで気をつけたいのは、大切にしたいからと使わずに保管することです。機械式と呼ばれる腕時計の場合は、腕にはめて振動させることで、内部のゼンマイが巻き上げられます。ところが針が動かないと中の潤滑油が固まって壊れることもあるため、大事にするならむしろ積極的に使う方が良いです。

ロレックスの買取なら、人気モデルなら定価以上の査定が可能な場合もあって、古いモデルやアンティークも買取可能です。